更年期障害の症状

2個のサプリメント

更年期障害とは女性が閉経前後に卵巣機能が低下して、卵巣から分泌されるエストロゲン(女性ホルモンの一つ)の量が減少する事で起こります。
症状はイライラやヒステリーなど心身の情緒不安定や、うつなど強弱は人それぞれですが精神症状が出ます。
身体的症状では動悸や血圧が激しく上下する、脈拍が速くなる頻脈、ほてりやのぼせ、腹痛や微熱、多汗、めまい、息切れ、不眠、生理不順などこのほかにもたくさんの症状があります。
本人の性格や体質、生活環境で症状が重い人とそうでない人がいます。
生活環境とは親の介護や夫の転勤、定年、夫婦間のきづな、職場や近所の人間関係など様々なストレス要因の事です。
また更年期障害は女性だけの病気ではなく男性にもあり、男性の場合は症状としてはED(勃起不全)などの生殖器症状が出ます。

診断は問診をして更年期障害の疑いがある場合は血中のホルモン量の検査をします。また女性は婦人科で子宮筋腫や子宮内膜症、膣の検査、子宮がんなどの検査をして他の病気が無いか調べます。
なぜかというと急激なエストロゲンの減少によって骨粗鬆症になったり年齢的にも婦人科系の病気が疑われてもおかしくない為、そして婦人科系の病気の早期発見や更年期障害の治療法などを決めるうえでも必要だからです。
治療法はホルモン療法やプラセンタ療法などがありホルモン療法は女性も男性も有効とされています。
近頃ではサプリメントもあります。
更年期サプリはプラセンタのサプリメントや漢方系のサプリメントなど種類もたくさんあります。
入っている成分や値段、飲みやすさなど種類によって違うので自分に合ったサプリを探すと良いです。

更年期障害の負担

水とサプリメント

女性特有の病気である更年期障害は、年を重ねた中高年くらいの時期からその症状が出てくる人が多いのであります。
更年期障害の症状はいろんなことを引き起こし、たいへんに本人を苦しめるものであるのです。
その症状とはイライラやからだの疲労、冷え性や不眠といったことなどであります。
更年期障害の症状をそのまま放っておくことはよくありません。
本人はもちろん辛いでありましょうが、まわりにいる人たちもたいへん気をつかいますのでお互いのためにも更年期障害を治すように努めていきます。それを治すのは、本人もたいへんですがまわりの人たちの協力も必要であり、本人が困っているときなどは手をさしのべてあげることが必要であります。

また気持ちの面においても、たいへんデリケートになっている時期ですので話を聞いてあげるなどして支えになってあげることが大切です。
その他にもサプリの使用によって、更年期障害の症状を軽くすることもできます。
最近では更年期障害によく効くサプリがありますので、サプリの力をかりることも方法のひとつです。
サプリでしたらお薬とは違いますので、体にやさしく穏やかに効いていきますので体に負担がかかりません。
そういう意味でもサプリを有効に使って、辛い症状を緩和していくことができるわけです。
女性であれば誰にでもおとずれる更年期障害でありますが、それを軽くして過ごせるようにできるのは本人次第ですので生活に余裕を持ちながらゆっくりと過ごしていくことが大切です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031